Schale “Plain” プレート “Plain”

ユリア・オーバーミュラーはウィーン応用美術大学卒。大好きな折り紙をイメージして、上質のシルバーをシンプルな折り目をつけて優雅なプレートを仕上げました。「難しかったのは銀という素材を半田付けせず折ることでした。」と1987年メードリング生まれのオーバーミュラーは語ります。 結果的に、銀加工職人と緊密に共同作業をする中、銀の板の端を折ることが可能となり、芸術的なプレートが誕生しました。