MONO モノ

デザイナー、アレクサンダー・グフラーはウィーン在住10年になり、2011年に彼のデザインした椅子「MERANO」がレッド・ドット・デザイン賞を受賞しました。南チロル出身のグフラーはウィーン応用美術大学にて、ボレック・シペック、ロス・ラブグローブ、ハートムート・エスリンガー、パオロ・ピーヴァのもとで学びました。ウィーンにある彼のアトリエでは2011年以来、椅子やテーブルのほかにカップやお皿も作られています。「私のデザインは、遥か昔から作られてきたクラシカルなキャンドルホルダーの時代に即した解釈がテーマです。」と アレクサンダー・グフラーは語ります。