Kollektion “Chelléen” aus Gold, Diamanten und Eisen Chelléen(握斧)コレクション

セバスチャン・フォンデラウは1980年にドイツで生まれ、グラーツで産業デザインを、ウィーン応用美術大学ではブリギッテ・コワンツのもとで造形美術を学びました。卒業後は造形芸術家としてまた、アクセサリーデザイナーとして活動しています。シュリンとのコラボレーションで、「Chelléen」(握斧)コレクションが誕生しました。握斧の表面のストラクチャーによってインスパイアされたコレクションです。