7″Recordbag 7″レコードバッグ

ロベルト・ホルンの息子であるジュリアン・ホルンは音楽ファンで、古いレコードのコレクターです。ほとんどのレコードバッグはただ単に機能的なだけであって、美しさに欠けていたので、レコードバッグをホルンの「形式は機能に従う」の理念にそってデザインすることに決めました。「シングル7枚がが用途にあったバッグに収められて持ち運びができる」と語るジュリアン・ホルンは、彼のカジュアルなレコードバッグはニッチマーケットに需要があると見込んでいます。